ケータイ小説『しるし』(PC読可)

『記憶を取り戻す旅』休止m(_ _)m

2014年01月29日

障害年金活動1日目

手始めに、年金課に電話してみました。
「線維筋痛症で障害年金を申請したいのですが、そちらに書類はありますか?」
「すいません病名をもう一度お願いします。」
「線維筋痛症です。」
「すいません。初めて聞く病名なので分かりかねます。まず納付記録を確認して障害年金を申請できる資格があるかどうかを調べしてます」

おーい、そこから?(怒)
年金特別便がきているし、申請できる資格はあるし、そもそも線維筋痛症の書類があるの知らないって(^^;;

「あのですね、そちらに書類があるかどうかを聞いてるだけですが」
「それもあわせてお調べしますが、こちらからも願いがあるのですが?」
「なんでしょうか?」
「線維筋痛症という病気で通院されてるんですよね?初診日覚えてますか?」
「正確な日にちは覚えてませんけど、2008年の5月に○○病院の神経内科を受診してます。まだカルテがあるので調べる事は可能です。」
「転院はされてますか?」
「してますけど全て覚えてます。」

「現在の主治医さんに聞いていただきたいのですが、障害年金を通すには、年金機構にも審査をする医師がおりますので、先方に通用する診断書を書くことが可能か聞いていただけますか?その確認が取れましたら書類を用意してお送りします。」

なんだろうこのトンチンカンな会話…。

で、たまたま今日が線維筋痛症外来だったので、年金申請がしたので診断書を書いてほしいと頼んだところ

「あ〜ごめん今ちょっと忙しいんだ!それに今日渡す情報提供書先の整形外科さんの方が細かい情報が取れるよ?ほら身体の可動域とか書くでしょう?理学療法士さんがいるところがいいよ(^^)」

これから行く病院の人にいきなり障害年金の診断書書いてくれって言えますか(^^;;?

まあいいや。他にもいっぱいめんどくさいことが出てくるっ!

ま、とりあえず、整形外科行ってきます。
線維筋痛症に理解のある整形外科さん教えてもらっといて良かっか!



iPhoneからの投稿
posted by 島田ハルミ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 線維筋痛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386455810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。