ケータイ小説『しるし』(PC読可)

『記憶を取り戻す旅』休止m(_ _)m

2012年10月20日

ダンナ、超回復中!

頑張ってるといえば、もう1人います。それは私の元ダンナ(以下ダンナといいます)。
ダンナは障害者です。障害名は高次脳機能障害、原因は階段から転落して頭を強打、脳内出血を起こし、前頭葉の左3分の1と左側頭葉の3分の1を切除しました。奇跡的に身体障害は0!主な障害は記憶障害や感情コントロール…。

正直介護がとても大変でした。何故かというと感情コントロールが出来なので、銀行からこっそりお金を引き出してはパチンコに使ってしまったり、2日に一度飲みに行くと騒いだり(爆)。それに罪悪感はまったくありません。生活費はめちゃめちゃになってました。

そのダンナが今年の6月、事故から5年半経って、ついに自分が高次脳機能障害機能障害であるという事を自覚し、日常生活のリハビリをし始めました!
掃除や洗濯や食事の準備、食器の後片付け、お金の管理も自分でさせました。お金はとくに慎重に、月の初めに食費を7000円、生活費を1週間単位に6500円渡して、それらを使う目的に合わせて袋分けします。食費袋にタバコ袋にあまり袋、そして自由に使えるお金は財布に。この袋分けを始めて数ヶ月、今月から家計簿付けるようにしました!家計簿と言っても支出表ですけどね(苦笑)。

そんなダンナが私との会話でこんなリアクションをしました。

私「もしまた一緒に暮らしたら、お金の管理も安心して任せられるし、買い物に行く時にいっしょに行けるし、この料理作ってって教える事もできるし」

ダンナ「ほんと!買い物に一緒にいてくれるの?それだと嬉しいなぁ、1人で買うとつい買い過ぎちゃうんだよね〜。それに料理も教えてくれるんだよね〜!それすごく楽しみ!(^^)」

実はダンナには記憶はありません、高次脳機能障害を自覚するまでは、何に対しても「わからない」「できない」の繰り返し(苦笑)。私は同じ事を言い続けてきただけです。それを障害を受け入れるようになった途端に頭の回路が繋がったの!
今、自分に対してとても素直なダンナ、リハビリすら楽しんでいる、劣等感の欠片もない!

今のダンナの姿を見ていて、ダンナは事故にあってよかったなと思っています。いろんなしがらみから解放され、ダンナは自分の道を自分で歩んでいます。それが私にはとても嬉しいのです。自分で掴んでいく自信は将来への大きな糧です、フルタイムは無理でも、いつか仕事に就くのがダンナの目標です。そのために今リハビリしてるんだと、ダンナはニコニコしています。
ダンナと知り合って20年経ちますが、今のダンナが一番ダンナらしいと思います。
こんなに頑張ってる人が側にいるんです、私も頑張ります。
posted by 島田ハルミ at 21:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 高次脳機能障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

emitaの激安エステ体験レポート!というサイトを運営しております橋本えみと申します。


今回は、相互リンクのお願いでコメントさせていただきます。

■サイト名
emitaの激安エステ体験レポート!

■URL
http://www.esthemita.com/


もし宜しければ上記サイトをリンク集に追加していただけないでしょうか?

相互リンクが可能でしたら、是非当サイトで島田ハルミ様のブログを紹介させていただきたいです。
(※イメージはこちらです。http://www.esthemita.com/category46/entry919.html

ブログの読者が増えるよう、相互リンクで協力しましょう。


どうぞ、ご検討ください。

☆::::::::::::::::::::::::::::::::::☆

橋本 えみ
estecharm@yahoo.co.jp

☆::::::::::::::::::::::::::::::::::☆
Posted by 橋本 えみ at 2012年10月22日 15:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298280593

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。