ケータイ小説『しるし』(PC読可)

『記憶を取り戻す旅』休止m(_ _)m

2011年01月20日

精神医学も勉強しました

私がうつ病になってから、主治医は教えてくれました、「自分の病気は自分で学べ」と。
だから、精神医学全般を勉強しました。
ダンナの高次脳機能障害は、脳外傷なのに精神障害認定になっていたのは、高次脳機能障害専門医も不自然だと言ってたし。
今でも、線維筋痛症に使う薬の一部は抗うつ剤を使うので、隔週で主治医に会っては線維筋痛症の症状や現象を報告してます。
開業医にとって、患者からの情報は大切な知識になります。
高次脳機能障害と線維筋痛症を主治医と議論するのが、今の私の勉強です。
posted by 島田ハルミ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

自分の交通事故:脳挫傷の後遺症は、高次脳機能障害者になるの?
Excerpt:  このブログを始めた原因は、18才でバイクで交通事故をした右側にある【最初から読んで下さい】:「交通事故死?まれにみる「脳挫傷」で死?植物人間?・・」http://tomotaroukun.blog1..
Weblog: 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
Tracked: 2011-01-24 16:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。