ケータイ小説『しるし』(PC読可)

『記憶を取り戻す旅』休止m(_ _)m

2012年08月27日

脱力の練習

最近よく試しているのは脱力の練習です。
痛みをこらえているからいつも筋肉は緊張しっぱなしなので、寝る前、ヒーリングミュージックを聴きながら、身体の一番遠くから少しずつ脱力してきます。

足先手先から力を抜き、足が重くなり腕が重くなる。腰の力を抜き、お腹の力を抜き、肩の力を抜き、首や胸の力を抜いていきます。

これは一般に自律訓練法といわれています。ただ私はちょっと変えて、息を吸う時は頭から光が入って足先に抜けて、息を吐く時は足先から頭に向かって黒い闇が抜けてけていく、ヨガの呼吸法を取り入れてるます。これはかなりの深呼吸になりますよ。

いつも痛くて緊張しっぱなしの身体を脱力するのは、最初はかなり大変です。力の抜き方を忘れてるからね(苦笑)。でも毎晩この呼吸法をしながら、脱力して眠りに入ります。
脱力を練習しなきゃいけないなんて変わってますよね(^^;;。
posted by 島田ハルミ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 線維筋痛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

骨盤と肩甲骨を同時に治す

久しぶりの更新です。寝たままスマホが私にどれだけ負担をかけるか実験してました。結論、肩甲骨が動かなくなる原因は寝たままスマホでした(苦笑)。ブログは音声でかけます。でも携帯ゲームはやめようと思います!

昨日主治医と話していて面白い情報を聞きました。私は骨盤が後傾する事と肩甲骨が開いてしまう事を悩んでいたら、マラソンマンまでもある主治医は簡単な方法を教えてくれました。

立った姿勢で両腕を背中に回して、反対側のひじを手で持ってみてください。たったこれだけで、骨盤は前傾します。つまり、正しい位置なんです(^O^)/
そのまま歩いて骨盤の位置が安定したら、手を離せば大丈夫です。
その他に骨盤を正しい位置にするのに適しているのは、スクワットです。スクワットすると腰にソリができ、と同時に肩甲骨の下に下がります。かといっていきなりスクワットしてもバランスがとれないので、壁を背にして肩幅に足を開いて立ち、背中を壁につけて、壁からお尻を離さないようにスクワットしてみてください。陸上では10回が限度ですね。なんで私はプールで50回やってみました(爆)。大成功です!骨盤も肩甲骨もバッチリです。
皆さんも一度試してみてね(^O^)
posted by 島田ハルミ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

骨塩量検査

すっかり忘れてるいたのですが、骨密度検査を6月に受けていました。正確に言うと『骨塩定量(CXD法)検査』っていうの。
検査方法はとっても簡単で、両手のレントゲンを撮るだけなんです!
結果としては、骨塩量は同世代の人と比較して96%に相当。若年成人平均値の96%。
骨自体にはまったく問題ありません。至って健康体です(^^)。これも日頃の運動のおかげ、そして食事のおかげ。特に食事は、朝は卵かけごはんにちりめんじゃこをのせる!夕食は豆腐の上に鰹節をふりかけて、副菜にほうれん草の胡麻和えを取ります。
運動と食事で、筋肉も骨も健康でないと線維筋痛症とは戦えませんよ(苦笑)。
posted by 島田ハルミ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

なぜ、行きにくい?

プールが一番合ってるというのはわかってるんです。それでも行きたくないときは行きたくないんですよ(苦笑)。行っちゃえば楽になるのにね。
今日も自宅で水着をきて、出かける用意もできてるのに、家を出るまでに3時間かかりました(爆)。何ででしょう?プールの中は天国なのに…。
結局プールで1時間泳いだら身体はとても楽です(苦笑)。楽な場所へ行くのに何故ためらうのか不思議ですね。
posted by 島田ハルミ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 線維筋痛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

頚肩腕症候群かなー?

失敗しました (泣)!寝たままスマホを使うのは上半身に負担をかけます!ついに肩甲骨の周りが硬くなりました。プールで泳いでも治りません。鎖骨も硬いです。放っておいたら神経圧迫しちゃいます (泣)。
頸肩腕症候群かな?だよなきっと。発音悪くなった、入力も不便で、あごの引き過ぎだな…。
とにかく寝たままスマホはやめないと、線維筋痛症以上のひどい病気になってしまう!
posted by 島田ハルミ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 線維筋痛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

背中の三角地帯

プールへ行かない日は、身体のひねり具合がひどいです。背中が張ったり、肩甲骨が開いて上がったり、腕が疲れたり、肋骨が閉まったり…。
なんか簡単にできる体操ってないのかなーって、病院帰りに本屋さんによりました。そしたらちょっと面白い本見つけました。

「弱った身体がよみがえる 人体力学」

整体師さんが書いてる本です。この本を選んだ理由ですが、私がいつも痛いと思っていたのは、肩甲骨の間の背中の三角地帯だったんです。この本はちょうどそこを三角型と示し、腰・肩甲骨・肋骨を緩めて鍛えれば身体の使い方はよみがえると!
どうなるか分からないけど、今まで私がずっと悩んでた場所を指摘している本だから、買ってみました。

しばらく試してみます(苦笑)。
posted by 島田ハルミ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 線維筋痛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。